父と私の思い出のキムチクリームスパゲッティ

高校を卒業して、地元を離れました。大学の時は1年に2~3回帰省しました。その中で、1番記憶に残っているのが、初めて帰省した日です。地元を離れて一人暮らしをするようになったので、料理を始めるようになったため、家族のご飯を作ることにしたんです。それは、簡単なキムチクリームスパゲッティでした。父はそれを「美味しいな。すごく美味しい」と大絶賛してくれました。それ以降帰る度に、何か父と会話するたびに「あのスパゲッティは美味しかったなーまた食べたいな」と言ってくれるようになりました。しかし、結婚してからは毎年帰ることはなくなり、数年に1度会うような距離になりました。それでも同じで、何度もあのスパゲッティを褒めてくれました。私は父のかわりに作り方をメモにして渡しましたが、それは冷蔵庫に貼られましたが、「お前のが食べたいんだよなー」と。そんな父にスパゲッティをつくる機会がない中、2人目を妊娠しました。余計地元に帰れなくなりましたが、父も妊娠を喜んでくれました。そんな父が急に亡くなってしまいました。前の日には母と会話してたのに、急に。お風呂場で1人で亡くなってしまいました。今の思うことは「1人で亡くならせてしまってごめんなさい」「スパゲッティをつくってあげられなくてごめんなさい」。簡単な料理だったのに、また今度また今度と伸ばしてしまいました。帰省する回数が減ってるのに、何故作ってあげなかったんだろう。と反省する日々です。脱毛ラボ キャンセル

初雪の遅れていた北海道にも一気に冬が訪れてきたようです。

暖かな秋が続いていた北海道には、記録的な初雪の遅さを記録して、3日ほど前は雪など全然なかったのですが、急に寒波の到来に寄り気温も一気に下がり、真冬の様な寒さ到来、と共に雪も降ってきました、例年よりは、はるかに少ない積雪ですけれど、急な寒さは、生活に応えます、いきなりの真冬の寒さ、水道の凍結が心配される気温まで、夜間は気温が下がっています。今年は残りも少なくなってきましたが、色々な事が起きた北海道、9月に集中した災害、台風に、地震に、ブラックアウト、そんな事が重なった一年、この後も何が起きても不思議では無い世界が今の時代なのですが、冬は穏やかに過ぎていってほしいです。こんな時期に地震が来て停電になったら、どうすれば良いのですが,凍死の可能性もあるのです、嫌ですよそんな事は、例年通りの雪が降り、有る程度の荒れる事はなれっこですから、いつもの様に暖かな春を、じっと待っていますので今シーズンは穏やかな冬で有りますように。海宝の力

新しい人が配属されたけど、なんだか訳ありのような気がする

先日、人事異動で私の部署に新しい社員が配属されました。
それまで特に人手が足りていなかったというわけではないのですが、どういうわけか元々のメンバーが替わりに出て行くというわけではありません。
なので、結果として一人補充されたという形になったわけなのですが、これが少し妙な感じに思えてしまいます。
他に人手が足りていないと聞く部署がいくつもあるのに、わざわざ余裕があるところに人が一人やってきたわけなんですよね。
それも、その人は半年くらいのペースで、いろいろな職場を点々としているような人です。
で、一ヶ月いっしょに働いてみて、何となくその理由というに気が付いてしまいました。
というのも、その人はプロパーの社員なのですが、あまりどこの部署でも歓迎されるような感じの人ではありませんでした。
最低限の仕事はしますが、それほど仕事がバリバリできるというわけでもなく、そのわりに不満が多くて、それをストレートに口にしたりします。
そんなことをしていれば、やはりどこの部署でも空気を乱す人だと思われて、邪魔者扱いされてしまうのではないかと思ってしまいました。ミュゼ ひげ

株式投資においてはどうしても大変なことがあります

株式投資というのは色々とリスクがあるのですが、それでもリターンがあるからこそ、行うということがあるわけです。そのために、資金が必要になる、ということになりますが、それは借金と言う手もあります。どうして借金を仕手までやるのか、ということになりますが、これは当たり前ではありますがとてもリターンが確実性が高いからです。つまりは、そうすることによって大きく稼ぐことができるからです。ですから、借金をしてでも利益を出して、それを返してしまう、ということにしますと大きなメリットがあるといえるわけです。しかし、安全性を高くする、ということが投資において重要であるということもあったりしますから、これはよくよく覚えておきましょう。言うまでもありませんが、基本的にはリスクがあるからこその投資ということがあります。しかし、リスクが高いからリターンも確実に大きいというわけでもありませんから、それは注意しておきましょう。ミュゼ vio

今朝は寒かったせいかいつもよりも遅くおきました。

今朝は冷えましたよね。冷えませんでしたか?私の家はとても冷えたので、掛け布団を1つ足しました。子供も風邪を引かないようにと思って厳重に布団をかけました。子供が今風邪を惹かれてしまうと大変なことになってしまうので気をつけています。まだ何も抗体ももっていない生まれたての体なので、今風邪をひかれてしまうと困ってしまいます。子供を風邪を惹かせないようにするのが私の勤めだと思っています。私は子育てってやっぱり大変だよなと思うことが多いです。ただ、その中で自分はこれだけ頑張ってるんだすごいぞ、と自分を褒め称えることが出来るような人ならそのままやっていけるのだと思います。中には落ち込んでしまう人もいるかも知れませんがそういう人は自分の性格と向き合って前向きにしていくことをおすすめしたいと思います。その方が人生楽しいですし、生きていて楽しいと思います。私も前向きにネガティブにならないようにしていきたいなと思っています。脱毛 ランキング

薬を一切使わずに便秘を完全に解消できた方法

女性に多い便秘、ひどくなると一週間以上出ない時もあります。
周りでも便秘の友人が多く、全員必ず毎日薬を服用しています。
病院で処方されたものではなく、ドラッグストアで売っている市販の薬です。
毎日飲むので、一応は出るようですが、少しでも飲み忘れると全く出なくなる。
それを聞いた瞬間怖くなりました。
以前から色んな温活を試していた私は、朝起きてすぐに、コップ1杯の白湯を飲んでみることにしました。
白湯は、胃腸に優しく作用してくれるので、水分補給と温活が同時にできると思い、毎日続けてみました。
すると、翌日の朝には普通にお通じが来たのです。
朝に加えて、夜寝る前にも白湯を飲んでみることにしました。
すると、なんと1日数回お通じが来てくれるようになったのです。
白湯は、ポットから注いだら、少しだけ冷ましておきます。
冷めるまでに何度かに分けて飲むと、胃腸もビックリせず、ゆっくり腸が動いてくれるので、お通じもスムーズです。
白湯がこんなにも効果があるとは思わなかったので、これからも続けていきたいです。ストラッシュ ラココ

新しい掃除機、結構本当に気に入って使用しています。

ハンディクリーナーを購入し、早速箱から取り出して、充電を始めました。
数分後には使える様になったので、家の中の埃を探して使ってみました。掃除機は無いわけではありません。ダイソンと呼ばれるいい掃除機があるのです。
ただ、狭い部屋なのに、寸法に合わず大きなソファが鎮座しているので、部屋の中を移動させるのもストレスです。
普通サイズの掃除機を持って家の中をウロウロするよりも、ハンディクリーナーサイズで十分なのです。
そして、コードレスなのが本当に有難いです。
早速粗方の部屋の掃除をした後、やっぱりまだ吸いたいと思いました。それは6歳の長男も同じです。
吸いたい、吸いたいと言っていましたら、旦那が夜だから止めときと諭すのです。確かにその通りです。
ただ、主人は昼夜関係なくタバコを吸います。それを夜中だから止めると言う選択肢はあるのか?と問うと掃除機してもいいよと二つ返事でした。
彼がタバコを吸う間、私は部屋のゴミを吸おうと思っています。

自分には縁のない世界の話を聞くのも楽しい

昨日は本業の仕事が早く終わったので会社の近くのちょっとお高めの日帰り温泉に行って来ました。
ここはホテルの下にある温泉で洗い場も個室みたくなっているので気楽で泉質は塩化物強塩泉でとてもしょっぱく湯船で油断していると体が浮いてしまいます。とても暖まり次の日でも体がずっとポカポカしています。
ここはお高めなのもあり余り普段は混んでいないのですが昨日は珍しく地元の方と思われるお客さんが多数いました。そして彼女達は大きな声で会話をしていたので聞こえてきてしまったのですが、内容はどうやら夜の世界で働いている方々の様で次は誰がママをやるかで揉めていました。
確かにちょっと小道に入ると夜の店が沢山あるので来やすいのかもしれません。
ここは昼から夜中まで営業しているので夜の世界の方も仕事に行く前に気軽に来れるようです。
皆さんお風呂上がりにはばっちりメイクもしていたので大変だなぁと思いました。
それより彼女達が揉めていた次のママは誰がやることになったのかちょいと気になる温泉の旅でした。

卒業前の最後の日常『マリア樣がみてる 卒業前小景』

今野緒雪さんのライトノベル『マリア樣がみてる 卒業前小景』。集英社より2008年10月10日に初版が発行されました。『思い出し笑い』『お姉さまのラケット』『私とインタビュアー』『卒業集合写真』『菓子パンの宴』『支えとスキンシップ』『忘れた忘れ物』『隣は何をする人ぞ』『リボンの道』で構成されています。
生徒会役員である紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である小笠原祥子と黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)である支倉令たちリリアン女学園3年生の卒業式の前日の学園内の様子が描かれています。
『リボンの道』では、祥子と紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス アン・ブゥトン)の福沢祐巳との、祐巳が祥子にかつて上げたリボンに纏わるやり取りが書かれています。『卒業集合写真』では、祐巳のクラスメイトで写真部のエースと言われる蔦子と写真部の先輩たちの物語が、『お姉さまのラケット』では、祐巳の同級生の桂さんが物語の中心になっており、生徒会メンバー以外の物語も描かれています。ベルタ葉酸サプリ 薬局

お財布のひもをしっかり!でも誘惑が自宅まで!

バーゲン時期の終わりかけ。なんだか再値下げがテンション上がる感じです。セールは初日を逃したら、もうこの際値下げの時期を狙うしかないって思っているので、この時期は私のお買い物熱が上がって来る時期になります。そうなると、お財布の紐が緩みやすいので、困ったことに節約しようとしている気持ちとは裏腹に、ふらふらと欲しいものを探している自分がいます。どうしたものだか。ぐっと我慢して、家にこもって、お店をみないようにしようと考えていても、自宅にはインターネットという便利なものが!こちらの方が危険度はアップするのです。実物をみないでも、大体の予想で買ってしまうわけですから、なんとも賭けのようなお買い物です。でも手軽だし、苦労なく購入できる上に、家まで配達してくれるのですから、とても楽チン。こういうインターネットでの買い物が、かさんで節約をしなきゃならなくなってきているのに、悪循環なことですね。いかに自分の欲求と戦うかが、ネックになりそうな感じです。