仕事のできる男は料理もできることでしょうね

世の中で、一番、大変なのが、食事つくりだと思っている日おtも少なくはないのです。なぜならば、昭和の時代と違って、食事の品数を要しなければならないということがあるからです。昭和はそこまで、ありませんから。漬物、みそ汁、煮物、一品ぐらいです。それなのにもかかわらず、最近は、本当に、厳しいです。といっても、墓のお宅はどうしているのでしょうか。裕福で、たくさんの料理の作り方を知っているのでしょうね。というのは、レシピを見ても、そこまで、新しい、おいしいものも見かけないのです。さらに、お買い物に行っても、あるのは、揚げ物ばかりです。一体、よそ様はどうやって、過ごしておられるのか。知りたい気持ちでいっぱいですね。
若い人たちも、作っているのでしょうね。やはり、お料理ができないと、生きてはいけないのです。男性でも、しっかりと、生きられる程度のものを作れないと生活に困るでしょうね。仕事のできる男は料理もできるのです。