野球でよく言われるボールのキレ、球威とは

プロ野球中継を見ていると、この投手は「ボールにキレがある」や「今日は球威がある」と言った表現を良く耳にします。
キレや球威のあるボールとは、バッターが実際のスピード以上に速いと感じるボールを言います。
例えば、素人の150キロのスピードボールよりも、プロのピッチャーが投げる140キロの方が速く感じると言った感じです。
数値上では絶対に150キロの方が速いはずなのに、なぜこんなことが起こるのかと言うと、それはバッターの体感速度にあります。
バッターの手元で加速するような伸びを感じさせられるボールこそ、キレが良く球威があると言われる球です。

こうした球質の違いが生まれる理由は、球の回転数の違いにあります。
ピッチャーマウンドからホームベースまでの間で、球の回転数が多ければ多いほど浮き上がって伸びのあるボールになります。
回転の良いボールを投げるためには、投球ホームの安定、スムーズな体重移動、腕の振りがしっかりできていることが必須となります。
これらができるのが、一流のピッチャーの特徴です。

ならば、スピードとキレを共に具えていれば100人力です。
その点から考えて、スピードばかり注目される大谷翔平選手がメジャーで成功できるかは、キレ次第かもしれませんね。
さらなる飛躍を期待したいです。