お買い物は1時間半で済ませることができました

裾上げをしないで、履くというスタイルなのではないでしょうか。まくててゃいているのです。もしかしたら、裾上げをするという感覚がないのかもしれませんよ。たったの数百円がもったいないのです。最近は、この感覚はなくなりました。この数百円ケチることで、洋服が使えなくなったりするのです。それよりは、裾上げをしてもらい、堂々と気持ちよく着ていたいのです。
そこで、ありがたいことに、裾上げはすぐに終了することができました。お買い物も短時間でできました。それでも疲れましたよね。たったの1時間半しか出ていないのにです。こうなると、切り替えが早くできますよね。お買い物に一日つぶすというのではなく、何かの合間にお買い物をすることができるのです。とてもありがたいと思いました。はやりというものをあまりにも追い求めしすぎると、待たされるとも思いました。この異常な流行の時には、行かないという傾向は、田舎者だからかもしれません。